ヨーグルトの相性と腸内環境

美容・健康

習慣と体質

私は今までヨーグルトを定期的に食べる習慣がなかった。
体質的に下痢をしやすいのでイメージ的に牛乳やヨーグルトなどの乳製品はあまり好んでいなかったのもある。
嫌いなわけではなく、食べる機会が少なかった。それだけなのだ。

食べ始める切っ掛けはヨーグルトメーカーを勧められたからだ。3000円くらいで購入した。

腸内環境

腸内環境が良くないなと感じていたことはあった。
真っ先に思いつくのがオナラが臭いという事だ。
10代など若い頃にそこまで臭くなかったはずだ。
折角、ヨーグルトメーカーを買ったのでしばらく続けてみたら、
体感できるほど効果を感じられて臭いが改善したと思う。

ヨーグルトと体質の相性

スーパーやコンビニで手に入る市販ヨーグルトの幾つかを試してみた結果、ヨーグルトはどれでも良いわけではなかった。

快調から不調へ

まず最初は森永のビヒダスをしばらく摂取していて、下痢もせずに調子が良いなと感じていた。
そろそろ違うものに替えてみようと明治 R-1を数週間にわたって試していた時のこと。

普段、下痢はあれど便秘はしない人間だったが、大変な苦痛を伴うほどの便秘になったのだ。
便秘がこれほど辛いものだとは想像していなかった。

苦しさと怖さ

便意はあるが便が硬く、力を入れても入れても出せない・・・
コロコロと小さなものが少し出た後は、大きな塊が詰まってどうしようもなくなった。
汚い話だが、指で硬い粘土を崩すかのように小出し小出しで穿り返すしかなかった。
ある程度の崩すと出せそうな感覚が来るので力一杯気張るのだ。
だがそれでも中々出ずに、1時間もトイレに籠もることすらあった。

何とか排便に成功しても肛門が切れて出血を伴った。
便器は鮮血で赤く染まり、ウォッシュレットあとにペーパーで拭いても血が付いた。

出すまでに脳内血管がぶち切れるんじゃないかというくらい力んだ。
終わったあとには疲労感と脱力感がある。
これはリスクである。こんな事を繰り返していたら良いわけがない。

試してみた事

最初は何故かR-1のせいだとは思わずなかったので、
便秘改善の作用がある酸化マグネシウムを貰って飲んだが、一切効き目はなかった。
また、納豆にオリーブオイルを混ぜて食べのが良いと情報を得て何日も試した。
気持ち程度マシになった気はしたが、劇的改善はなかった。

原因特定と改善

食べきったので再びビヒダスに変更、しばらくすると嘘のように便秘が治り、毎日スルッと快便に変わったのだ。
もしかしてと次の機会に短期間だけR-1にしたら恐怖の便秘が始まり、相性の悪さを確信した。

ただ、誰でも同じ効果や結果になるとは思いません。
R-1の方が合うという人もいるでしょう。これは私の体質との相性の話です。

結局、自分に一番あっているのはビヒダスであると分かった。
ずっと快便で気持ちよく生活できているので、それが続く限り、もう替えずに継続する事にした。

摂取量と何世代作るか

摂取量は一日に一度、大きなスプーンで山盛り二杯くらいを小鉢に入れて食べる程度。
1人で食べるわけではないが、買ったものと作ったヨーグルトを消費するのに日数を要する。

作ったヨーグルトを種とするには古くなり、2世代目以降はあまり良い出来だとは感じなかった。

食べる量や人数は人それぞれなので何とも言えないのだが、
私の環境では400gのビヒダス、そこから作ったヨーグルトを一世代を消費するところまででとした。
ヨーグルトメーカーによるコスト的なメリットはほぼ無いだろうが、食べる動機となっているのでそれを続けている。作らずにそのまま直接食べる方が良いのかもしれない。

オリゴ糖との組み合わせ

私は基本的にそのまま食べず、オリゴ糖のシロップを甘くなりすぎない程度に適当に混ぜている。
「オリゴのおかげ」「日本オリゴのフラクトオリゴ糖」の両方を試してみたが効果に違いは感じず、どちらも良いと感じる。ドラッグストアなどにもっと安価なものがあるようだが、まだ試してはいない。

  • 「ビヒダス」+「オリゴのおかげ」
  • 「ビヒダス」+「日本オリゴのフラクトオリゴ糖」

この組み合わせで私の腸内環境は改善していると感じている。

残念ながらR-1はオリゴ糖の上記二つの組み合わせでも自分は便秘になるので合わないようだ。

体質に合うヨーグルトのメリット

  • かなり下痢をしづらくなった
  • 毎日快便。力まずスルっと出る
  • オナラや便の臭いの軽減

下痢しやすい男性の皆さん。
旦那さんや、お父さん、彼氏のオナラが臭いが気になる女性の皆さん。
ヨーグルトを食べるよう意識して(させて)みてはいかがだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました